遺言書とは?


遺言書とは、自分に万が一のことがあった場合に、遺産を「誰に」・「どれだけ」・「どのように」相続させるのかを、法律で定められた方式に従って意思表示した文章です。

遺言書は亡くなった方の「最後のメッセージ」となります。
「遺書」と「遺言書」は言葉は似ておりますが、法律的には大きな違いがあります。
「遺言書」は法律で書き方が定められており、法的効力がありますが、「遺書」は単なる書き置きであり、法的効力もなく、遺族の方への強制力も持ちません。

「遺言書」は何度でも作り直すことが可能です。


必要ないは間違い

遺産相続争いは、金額が多いか少ないかに関係なく起こっています。
わずかな財産をめぐって、今まで仲の良かった家族関係が醜い争いに発展するケースが非常に多く見られます。
遺産争いを未然に防ぐためには、遺言書は必要不可欠です。